コラム

USB接続のデバイスが認識しない

USB接続のデバイスは非常に便利で、様々な環境で利用されています。
便利な反面、突然使用できなくなると困ることも多いと思います。
USB接続のデバイスが認識しないときの”あれこれ”をご紹介します。

★ケース1
・差込がゆるくしっかり差し込まれていなかった。
【対応】しっかりと差し込みなおしましょう。

★ケース2
・「対応するドライバが見つからなかった」と表示された。
【対応】付属のCD-ROMやインターネットのベンダーサイトからデバイスドライバをダウンロードしましょう。

★ケース3
・ドライバはインストールされたのに、マイコンピュータに表示されない。(ドライブ文字が割り当てられていない)
【対応】こちらのコラムを参考にしてください。
    『USB接続の外付けハードディスクが エクスプローラに表示されない』

★ケース4
・いくつかのUSBデバイスを接続したら、USBデバイスが動作しなくなった。
【対応】供給電力の確認をしましょう。

[マイコンピュータ]を右クリック [管理] [デバイスマネージャ]をクリック
USB( Universal Serial Bus)コントローラを展開しUSBデバイスを接続している[USBルートハブ]を右クリック [プロパティ]をクリックします。
[使用可能な電力の合計]と接続されているデバイスの[必要な電力]を確認しましょう。

【参考】USBハブなどには、自分自身で電力を供給するセルフパワーUSBハブがあります。

★ケース5
・「スタンバイ状態」や「休止状態」から復帰しようとしたとき、USBデバイスが認識しない
【対応】セレクティブ サスペンド機能(※1)により、5~10秒間USBデバイスの検出が妨げられる可能性があります。
 1.復帰後少し時間を置いてから接続する
 2.接続しなおす
 3.デバイスマネージャーでメニューバー[操作]から[ハードウェア変更のスキャン]を行う
 4.USBハブの電源管理を無効にする
   上記[プロパティ]画面の[電源管理]タブより
   [電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする]
   チェックボックスをオフにします。

<詳細はこちら>
http://support.microsoft.com/kb/871233/ja
(※1)セレクティブ サスペンド機能とは
デバイスがアイドル(一定時間使用されていない状態)だと、デバイスをシャットダウンをし、使用すると有効になる機能のこと。例えば、モバイルPCなどで一定時間使用しないと一時的に無効になり、マウスなどを動かすと有効になる動作のことです。

普段何気なく利用できるデバイスほど、突然使用できなくなると困ってしまいます。
ちょっとした対応方法を覚えておくと、トラブルも早く解決できるかもしれませんね。

もっと知りたい! そんな方にオススメセミナーはこちら♪

Windows 7 関連コース
http://www.s-emile.jp/seminar/wintech/msu_win7.html

Windows Server 2008 関連コース
http://www.s-emile.jp/seminar/wintech/msu_sv2008.html

(最終更新日:2013年01月31日)

※過去の記事については、リンクが切れている場合がございます。ご了承ください。