コラム

Windows 7でファイルの内容で検索したい

みなさんはファイルをどのように管理しているのでしょうか。フォルダに分類したり、ファイル名を規則正しくしたり・・・。
いろいろ方法はありますが、それでもファイルをどこに保存したかわからなくなることもありますよね。

そんなとき、Windows XPでは、エクスプローラで検索をしましたね(右図)。

右図のように、ファイル名やファイルに含まれる単語を元に検索する事ができました。

それではWindows 7ではどうでしょうか?

 

Windows 7では右図のようにエクスプローラーの右上にある検索ボックスに単語を入れるようになりました。

または、Windowsボタン(スタートボタン)をクリックして検索が出来ます。

ところで、Windows XPのようにファイルの中身は検索しているのでしょうか?
検索で出てくるはず・・・のファイルが出てこない時は、検索の設定を見なおしてみましょう。 

検索の設定は大きく2つの項目があります。

・フォルダーオプション
・インデックスのオプション

フォルダーオプションはエクスプローラーの[整理]メニュー[フォルダーと検索のオプション]から設定できます。(右図)

ここでまず[検索項目]のインデックスが作成されている場所で検索をするかどうかが選択できます。

インデックスとは、たくさんのファイルからより速く検索を行うための索引情報です。[ファイル名と内容を常に検索する]をチェックすると、場所にかかわらず常にファイルの内容も検索します。
ただし、索引がないので検索には時間がかかります。
 

続いて、インデックスの設定です。これはコントロールパネル内に[インデックスのオプション]という項目があります。

ここでインデックスを作成する場所を指定できます。つまり、みなさんがファイルを保存する場所を指定するわけです。

既定でユーザーの情報が保存される[ユーザー]フォルダは始めから設定されていますので、デスクトックやドキュメントフォルダは改めて設定する必要はありません。

さらに、ファイルの中身を検索するには[詳細設定]でファイルの種類が適切に設定されている必要があります。ExcelやWordのファイルはOfficeフィルターと呼ばれる、フィルターを通して内容のインデックスを作成しています。

例えば、単純なテキストファイルなのに、中身の検索に引っかからないという場合は、拡張子が登録されているかを確認しましょう。

検索をうまく使えば、作業もぐっと早くなります。
特にWindows Vista以降のOSは検索機能が強化されていますので、ぜひ使ってみてください。
 

もっと知りたい! そんな方にオススメセミナーはこちら♪

Windows 7 関連コース
http://www.s-emile.jp/seminar/wintech/msu_win7.html

 

(最終更新日:2013年01月31日)

※過去の記事については、リンクが切れている場合がございます。ご了承ください。