IT教育・研修を通じて人材育成をサポートします

会社情報

『エミール』の由来


「芸術家」、「アート・ディレクター」そして鋭敏な「企業経営者」でもあったエミール・ガレに因み名付けられた私たち「エミール総合学院」。
学ぶことの重要さを前提に、その情報、機会を提供する人材育成企業として、常により高いサービスを追求しています。
「誰しもが、いち早く」をモットーに、みなさまのスキルアップ向上のために、よりよい情報をより早く、そして誰しもが習得できるものとして適切なトレーニングを提供して参ります。

【 Emile Galle 1846年5月4日 ~ 1904年9月23日】 
19世紀末のフランス芸術の代表的存在。アール・ヌーボーの最高傑作と呼ばれるガラス芸術品や工芸品、絵画などを残した。
当時の美術界をゆるがしたジャポニズムの先導者、また象徴主義の原動力として、その功績は画家ギュスターヴ・モローと並ぶ。
1846年5月4日、フランス北東部ロレーヌ地方ナンシーに、鏡ガラス工場を経営するシャルル・ガレの息子として生を受けた。
ドイツ、ヴァイマールに留学し、詩、文学、哲学、植物学、鉱物学、建築学、装飾美術をおさめた。植物学においては大家となり、また、再度科学を学ぶことによって、その後のガラス制作に大きな発展をもたらす。
高い教養が裏付けとなって、ガラス芸術に投じた信念と自信ははかり知れない。
一方でガレは制作に携わるばかりでなく、ガラスと陶器製造及び卸販売会社の経営者でもありました。そこでの彼は、当時の嗜好を鋭くキャッチし、作品に反映させてゆく経営者でもありました。